#ハッシュタグでコンテンツを探す

INTERVIEW
人を知る

緊急性の高い消防・防災システムを通じて、社会に貢献する。

緊急性の高い消防・防災システムを通じて、社会に貢献する。

情報通信システム事業/カスタマエンジニア

情報通信システム事業部 システム建設部

工学部 電気工学科 卒

# 技術系

# 若手・中堅社員

# 情報通信システム

Q1

入社を決めたポイント

緊急性の高いシステムを通じて、誰かの役に立ちたい。

電気系の学科を専攻していたので、その知識を活かせる仕事がしたいと考えていました。また、「誰かの役に立ちたい」という強い思いもあったので、緊急性の高い消防システム・防災システムに携わることができれば地域社会に貢献できると思い、富士通ゼネラルを志望しました。

WORK

Q2

現在の仕事内容

定期的な点検で、システムトラブルを未然に防ぐ。

消防システムと防災システムの設置工事・保守点検業務を担当しています。 設置工事では、消防・防災設備の導入を行い、現場に常駐して工事の工程管理・品質管理・安全管理の業務に従事しています。保守点検業務では、設置した機器の点検を行い、障害や故障が発生した際は迅速に対応します。定期的な点検を行うことで、機器の故障やトラブルを未然に防げるよう日々努めています。

ある1日のスケジュール

09:00
出社

現場事務所でメールチェック

09:30
定例会義

お客様と工事の進捗確認

12:00
昼食

13:30
打ち合わせ

お客様と仕様に関する打ち合わせ

15:00
受入検査

工事で搬入された納品物の数量などの確認

17:00
資料作成

本日の打合せ内容を議事録にまとめる

18:00
退社

次の日のスケジュール確認など

object1 object2 object3 object4 object5 object6 object7 object8 object9 object10

Q3

自分の特徴が活きる!

お客様の意見に耳を傾け、現場に反映させる。

機器の機能や使い方を覚えることが得意なので、お客様から機器についてお問い合わせをいただいた際に、丁寧にお答えできることが特徴を活かせている場面かなと思います。また、私が最も重要だと考えているのは、「お客様が心から満足のいくサービスを提供できているか」です。設置工事では、お客様のご要望をしっかり伺って、施工状況に反映させています。お客様の意見を聞き逃さないよう、打ち合わせなど日々の連絡を密にするよう努めています。

Q4

印象的なエピソード

たくさんの人に支えられて乗り切った初めての現場。

初めて現場代理人を担当した時のことです。消防本部で、指令設備更新の業務委託で現場代理人を務めました。わからないことが多く、先輩方にたくさんフォローしていただきました。さまざまな失敗を経験しましたが、落ち込まず改善に努めて行動することを心がけ、最終的に現場を円滑に進められた時にはとても大きな達成感がありました。また、多くの人とのやり取りがあったので、他部署や消防担当の方などに顔を覚えてもらえたことも貴重な経験でした。

Q5

思い描く夢・目標

知識を深め、誰よりもお客様から信頼される人へ。

現在は先輩社員に同行して仕事を行っているため、まずは独り立ちが目標です。仕事を通して、「苦手なこと」を「得意なこと」へと変換できているので、日々自らの成長を感じています。誰よりもお客様に信頼される人になれるよう、全てを「得意なこと」にできるよう、これからも力を尽くして頑張ります。

Q6

プライベートのこと

長期休暇は、地元などに旅行を。

服を買うことが趣味なので、休日はいろいろなお店の服を見て回っています。長期休暇は、九州に帰省して地元の友人と遊ぶことが多いです。また、出張先の近くで気になったところがあると、レンタカーを借りて、プライベートでそこへ旅行することもあります。

MESSAGE

お客様の感謝の言葉が大きなやりがい。

お客様から、直接「ありがとうございます」と感謝の言葉をいただくことがあり、そんな時にとてもやりがいを感じます!ぜひ一緒に働きましょう!

情報通信システム事業のインタビューをもっと見る
一覧へ戻る

※所属や内容などは、取材当時のものです。