#ハッシュタグでコンテンツを探す

INTERVIEW
人を知る

世界中の膨大な規制情報を得ることが、ビジネスチャンスにつながる。

世界中の膨大な規制情報を得ることが、ビジネスチャンスにつながる。

コーポレート/環境(規格)

環境規格部

先進工学部 環境化学科 卒

# 技術系

# 事務系

# 若手・中堅社員

# グローバルに活躍

# 女性活躍

# コーポレート

Q1

入社を決めたポイント

堅くなく、和やかな雰囲気に惹かれて。

インターンシップに参加した際の、会社や職場の雰囲気が最大の理由です。リケジョセミナーでは、女性社員の方のお話を伺うことができたのですが、その際に感じた、堅くなく楽しそうな雰囲気に惹かれました。実際に働いてみて、入社前に感じたこととのギャップはなく、とても働きやすい環境だと思っています。

WORK

Q2

現在の仕事内容

世界中の膨大な規制情報を集め、社内へ展開。

当社の製品や海外販社のビジネスに関わる環境規制の情報収集、対応方法の検討、関連部門の進捗管理、サプライチェーン全体での順法管理を行っています。環境規制には、気候変動・冷媒、エネルギー効率、含有化学物質、廃棄物関連など幅広い分野の規制があります。また、国や地域ごとに規制が異なるため、扱う情報は膨大です。そのため、工業会に出席し、他社の方と情報交換・共有をすることで最新の情報を得て、社内に共有・展開しています。

ある1日のスケジュール

08:40
出社

メールと1日のスケジュールチェック

09:00
業務

最新の規制情報の確認・内容チェック

11:40
昼食

同期と食堂で昼食

13:00
会議

部内会議

15:00
業務

販社へのメール作成や情報共有、問い合わせ対応など

17:30
退社

業務報告

object1 object2 object3 object4 object5 object6 object7 object8 object9 object10

Q3

自分の特徴が活きる!

規制に関わることであるため、慎重さが欠かせない。

当社は海外でのビジネスが4分の3を占めるため、海外の環境規制を順守することが必要不可欠です。環境規制を順守していないと、海外で製品が販売できなかったり、罰則が与えられたりする可能性があります。そのため、規制内容を把握する際には、「間違った解釈をしていないか」「情報に漏れがないか」などと慎重に確認して取り組む必要があります。私は普段から、物事を進める前に慎重に考える性格なので、そこが仕事に活きています。規制情報を正確に把握して社内の関連部門へ共有することが、当社の順法につながっています

Q4

印象的なエピソード

ニュースの中の出来事が、仕事に直結。

2021年1月に移行期間が終了し、イギリスが正式にEU離脱をしました。離脱したことで、それまでEUの規制を適用していたイギリスが、独自の規制を行うことになりました。新しいイギリスの規制に当社が対応するために、「これからどのような規制が行われるのか」「当社として何をすればいいのか」といった調査・対応を行いました。ニュースで見た出来事が自分の仕事に関係していることを肌で感じ、今まで以上に世界の情勢やニュースへ目を向けるきっかけになりました。

Q5

思い描く夢・目標

規制を先取りすることで、ビジネスチャンスを生み出す。

環境規制に関しての知識や情報量を増やし、規制の先取りによるビジネスチャンスを生み出せるようになることです。また、海外で開催される工業会に参加し、情報共有や意見交換をする業務もあるので、それを任されるようになることも大きな目標です。

Q6

プライベートのこと

音楽フェスやライブで全国あちこちへ。

コロナ禍前は、音楽が大好きなので、音楽フェスや好きなアーティストのライブへ行くことが多く、国内のいろいろなところへ遠征していました。また、会社の同期とスノーボードやテーマパークへ行くなど、職場以外でも同期との交流を深めています。

MESSAGE

自分自身と様々な会社を知ることが将来につながる。

就職活動は自分を見つめ直す良い機会です。自分自身のことを知り、いろいろな会社を知ることで、将来のビジョンに合いそうな会社に出会えると思います。頑張ってください!

コーポレート部門のインタビューをもっと見る
一覧へ戻る

※所属や内容などは、取材当時のものです。